成長の記録を残す

かわいい笑顔

子供の成長を見守るのはうれしいことです。
人生80年の時代ですが、親として子供の成長を楽しめるのは生まれてから結婚するまでです。
デジタルカメラやスマートフォンで簡単にしかも失敗しないで写真が撮れるようになりました。
最近はスタジオで写真を撮ってもらうことが少なくなりました。
写真が簡単に撮れるにしたがって大事にしなくなったのではないかと思います。
以前は、きちんとアルバムに貼って整理をして、結婚する時に子供に持たせました。
その中には何枚かスタジオで撮った家族写真が入っていました。
セピア色のその集合写真は家族がすまし顔で写っていて、その頃の出来事を思い出させてくれます。
今後はますますデジタルカメラやスマートフォンの性能が向上するので、スタジオで撮る必要性はなくなります。
それと同時に、写真はデジタル化して取っておくことになるでしょう。
ただ、スタジオで撮った写真は専門家が撮ったうえ、きちんと装丁してあるので重みを感じます。
人生の節目にこういうものを残していくのも親が子供にできることの一つです。
人生の節目にスタジオで家族全員を撮っていつまでも大事にしていくことは意味のあることだと思います。
子供の成長をテーマに家族の集合写真を作成するという観点では、最初の行事は七五三になるのでしょう。
男の子と女の子では時期が変わりますが、男の子なら五歳、女の子なら七歳の時にスタジオで撮ります。
その次は小学校の卒業の時期が良いと思います。
入学の時期は七五三と余り変わりませんので、成長の記録としては期間が短すぎます。
小学校の卒業式か、中学校の入学式の時を選んでスタジオで撮ります。
制服を着ているということでは中学校の入学式の方が良いかもしれません。
次は、成人式です。
20年の時間を経て一人前の大人になったことを家族全員で祝います。
女の子は七五三と成人式は着物姿になるので思い出に残るという意味では最適です。
そしてスタジオで撮るのは最後になります。

オススメリンク

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031